DHA サプリ EPAサプリ 違い

DHAサプリとEPAサプリの違い

DHAサプリとEPAサプリに含まれているDHAとEPAは、どちらもn-3系多価不飽和脂肪酸の一種です。

 

DHAとEPAどちらも悪玉コレステロールを減少させたり、炎症を抑えたりする働きが期待できると考えられています。

 

ただ、DHAとEPAには違いがあることも忘れてはなりません。

 

ほとんどのDHAサプリにはEPAも同時に配合されていますが、それぞれの違いをしっかりおさえておきましょう。

 

血液サラサラ効果の違い

DHAサプリとEPAサプリどちらにも血液をサラサラにする効果が期待できるとされていますが、より高い効果が期待できるのはEPAです。

 

したがって、心筋梗塞や虚血性心疾患など血管系の病気予防にはDHAサプリよりEPAサプリのほうが向いていると考えられます。

 

記憶力アップの効果

記憶力アップの効果を期待して摂取するなら、DHAサプリをお選びください。

 

EPAサプリはDHAサプリと違い、成分が脳まで到達することができませんので、記憶力アップの効果は期待できません。

 

一方のDHAサプリは脳まで到達し、神経を活性化するといわれていますので、記憶力アップの効果が期待できるでしょう。

 

ちなみに、DHAサプリは認知症の予防・改善にも効果が期待できます。

 

抗アレルギー効果

DHAサプリとEPAサプリどちらにも抗アレルギー効果は期待できます。

 

ただし、より高い効果が期待できるのはEPAサプリです。

 

また、抗炎症効果についてもEPAサプリのほうが高い効果が期待できると言われています。