DHA サプリ 食品

DHAサプリと食品

DHAは体内で作ることができない成分であるため、DHAサプリや食品で摂取することが大切です。

 

特に体内のDHAは年齢が高くなるほど少なくなると言われていますので、DHAサプリや食品で積極的に摂取するよう心がけましょう。

 

ちなみに、1日に摂取したほうが良いと言われているDHAの量は、500mgから1000mgとされています。

 

健康維持目的なら500mg程度、生活習慣病の予防・改善目的なら1000mgを目安に摂取してください。

 

ここではDHAを多く含む食品を取り上げていますので、食事の参考にしていただければと思います。

 

DHAを多く含む食品

DHAを多く含む食品(100gあたり)には、アンコウの肝(3600mg)、クロマグロ(3200mg)、干したヤツメウナギ(2800mg)、焼いた大西洋サバ(2700mg)、生のミナミマグロ(2700mg)、シメサバ(2600mg)、シロサケ(2400mg)、焼いたアユの内臓(2300mg)、焼いたブリ(1900mg)、カラスミ(1900mg)、生のクジラ(1800mg)、焼いた大西洋サケ(1700mg)、生のサンマ(1700mg)、乾燥カズノコ(1700mg)、生のハマチ(1700mg)、キャビア(1600mg)、焼いたマイワシ(1500mg)、焼いたギンザケ(1500mg)となっています。

 

ただ、これらの食品を毎回食べるのは大変ですので、DHAサプリと上手に組み合わせて摂取すると良いでしょう。