DHA サプリ 悪玉コレステロール

DHAサプリと悪玉コレステロール

DHAサプリ

DHAサプリには、悪玉コレステロール(LDL)の数を減らす働きがあるといわれています。

 

“悪玉コレステロール”というネーミングから、人体にとって悪いものと思われがちですが、決してそのようなことはありません。

 

悪玉コレステロールには肝臓や腸で生成されたコレステロールを血管や抹消の組織まで運ぶという重要な働きがあるのです。

 

コレステロールは細胞やホルモンの原材料として使われるため、悪玉コレステロールがなければ細胞やホルモンが健康でなくなってしまうと考えられています。

 

つまり、健康には欠かせない成分だといえるでしょう。

 

ただ、不要なコレステロールは血管の壁にこびりついてしまいます。

 

悪玉コレステロールには不要なコレステロールを持ち帰るという働きはなく、善玉コレステロールにその役割が課せられていますので、両方のコレステロールがバランスよく存在していることが重要なのです。

 

DHAサプリを摂取すると、コレステロールのバランスを正常化できるといわれています。

 

ただし、DHAサプリを摂取してすぐにコレステロール値が安定するということではないため、日頃から続けて摂取することが大切です。

 

悪玉コレステロールが増加すると?

悪玉コレステロールが増加すると、それだけ血管にこびりつくコレステロールが増えてしまいます。

 

善玉コレステロールが持ち運べない量になると、コレステロールが血管を硬くしていき、動脈硬化の発症リスクが高くなってしまうのです。

 

したがって、DHAサプリで悪玉コレステロールの数を抑えるということは、健康にとって重要な意味をなします。