DHA サプリ 害

DHAサプリの害

DHAサプリ

DHAサプリの害について気になっている方も多いかもしれませんが、DHAサプリは薬ではなく健康食品ですので、基本的に害はないものと考えて良いでしょう。

 

ただし、当然といえば当然ですが、DHAサプリを購入する際は必ず消費期限をチェックしてください。

 

ほとんどの販売店では消費期限が迫っているDHAサプリは売り場から撤去していますが、万が一ということもあります。

 

DHAは酸化しやすいという性質を持っているため、ほとんどのDHAサプリには酸化防止のためにビタミンEなどの抗酸化成分が含まれています。

 

しかし、消費期限を過ぎるとDHAの酸化が進んでしまうのです。

 

DHAは、酸化すると強烈な刺激臭を放つようになるため、とても飲めたものではありません。

 

したがって、DHAサプリを選ぶ際はパッケージに表記されている消費期限を確認しておくことはものすごく大切です。

 

こんな方は要注意!

DHAサプリを摂取するにあたって、以下で挙げるような方は何かしらの害が及ぼされてしまう恐れがありますので、注意しなければなりません。

 

手術を受けた直後

DHAには血液の凝固作用を弱める働きがあると言われています。

 

手術を受けたあとは出血しやすい状態にありますので、DHAサプリは摂取しないほうが良いでしょう。

 

降圧剤を服用している

DHAには血圧を下げる効果が期待できると言われています。

 

降圧剤を服用している方の場合、DHAサプリと同時に摂取することで血圧が過度に下がるという害が考えられますので、摂取は控えてください。